環境保全の為にうまれた印材

印鑑イメージ

アグニとは印材アグニ。
アグニに魅せられているのは、ほかならぬ私です。
アグニを知らないという方もいらっしゃるかと思いますので説明しますと、まずは印材と環境についての説明からはじまります。
印材には天然木の印材と言うものが存在します。しかし近年の地球環境の悪化の背景もあり、天然木だけというわけには行かなくなります。

そこで現れたのがアグニ率いる合板印材。環境保全の為にうまれた印材という訳です。
やむなく生まれたかのような雰囲気の合板印材ですが、その耐久力は加工を施しているだけあり天然木よりもはるかに強く、生まれてみれば本家天然木を上回る印材となりえる存在となったのです。

【印鑑ケースの通販サイト】
印鑑を大切に守る印鑑ケースを、ご一緒にいかがでしょうか?

同じ合板仲間には彩樺やつげの木、あかね等があります。
そのどれもが独特の木目をしており、天然木に勝るとも劣らない美しさをしています。
その中でなぜアグニなのか?というお話になりますと、これはもう単純に好みです。

確かにどの合板印材も美しい見た目ですが、アグニの色合いの存在感は他の追随を許しません。
濃い赤茶色がベースとなった深みある本体に合板独特の黒いシマがすうっと入る。
何となく昔自宅にあったアンティークな家具にとてもよく似ている模様となっております。それがあってなのかは知りませんが、とにかくこのアグニ独特の模様に私はすっかり魅せられております。
合板アグニ。その木を強く感じる事ができるのにモダンな美しさがある見た目、一見の価値ありです。是非一度ご覧下さい。

ページの先頭へ