書体にまつわる色々

篆書体イメージ

印鑑の最重要ポイント、それは当然朱肉が当たり紙に現れる印字です。
そして印鑑界で様々な見解が一番飛び交っているのもこの印字、書体になります。
何に対して様々な見解が飛び交っているのか?それはまた最後にして、とりあえずどんな種類があるかを確認してみましょう。

【銀行印の通販サイト】
銀行印とは、金融機関にて口座開設の際に登録する印鑑で、財産を預かる印鑑です。

一般的な書体だと吉相体、篆書体、太枠篆書、古印体、隷書体となります。
ちなみに今の紹介の順番はズバリ「何て書いているかわかんない順」です。
多分印鑑、それも実印を何回か見た事がある人であればわかるかと思います。
隷書体が通常十分に読み取れる字でそこからだんだんうねんうねんし出して、最後の吉相体になると完全に一発では読み取れないうねうね漢字フルパワーとなります。
そんなにうねんうねんしているのに吉相体の歴史は割りと新しかったりします。

篆書が一番歴史の古い書体なのですが、様々な見解が飛び交っているのは吉相体の方です。
では今度こそ、一体何に対して見解が飛び交っているのか?
吉相体というのは所謂印鑑の字体で運を呼び寄せる開運印鑑の為に生まれた印鑑となり、基本的には縁起物という事で印鑑業界が積極的に取り入れた書体なのですが、中にはこの吉相体、そして開運字体というものは全く字体的にも良い物ではないと真正面から否定の姿勢をとっているハンコ屋さんも存在するのです。

開運の効果というよりはその字体の存在自体が元の印鑑業界にとって悪だと言わんばかりの勢いで否定していらっしゃいます。
しかし開運印鑑が世間に広く受け入れられているのもまた事実。書体をどう選ぶかは印鑑を選ぶ人次第・・。
どうでしょう、書体にまつわる色々魅せられましたでしょうか?

ページの先頭へ