印鑑を作るうえでなくてはならないものと言えば?

印鑑イメージ

印鑑を作るうえでなくてはならないものと言えば何を思い浮かべますか?
私は迷う事無く印材と答えます。
印材とは字のままの意味で印鑑に使う材料です。
この印材というのはかなりの種類に渡っており、何を一番求めいているかによって選ぶべき印材は大幅に変わります。

例えば象牙は美しく丈夫。手触りも非常にしっとりした感覚で印材の質に関しては全く非の打ち所がない印材ではありますが、値段が非常に高いです。
黒水牛は黒がシャープな天然素材です。値段は手ごろですが乾燥に弱くまめな手入れが必要になる繊細な印材です。
琥珀は透明感溢れる飴色が非常に美しい見た目は象牙に勝るとも劣らない力を持ちますが非常に傷つきやすい印材です。
アグニ等の天然合板は丈夫でお手入れの必要も他の印材に比べて少なく値段も手ごろなもっとも手を出しやすい印材です。しかし高級感となると色味は個性的ですが、象牙の美しさや黒水牛のシャープな色合いには負けます。

【シャチハタの通販】
ポンポン捺せるシャチハタネーム印は、郵便物の受取りから書類や回覧網への承認印など、ご家庭やオフィスなどで幅広く活用できる便利なはんこです。

ラクトは値段の安さと手に入れやすさはどの印材よりも勝っている印材です。
しかし印材とはプラスチック、他の印材に勝っているのは最初の二点のみでそれ以外はほぼ劣っている認印向けの印材です。
アクリル樹脂は自由度の高い印鑑です。樹脂の為ラクトよりは丈夫で加工も容易な為他の印材より自由な作風が沢山販売されている印材となります。

さらにこのほかにも印材は細分化されさまざまな種類が存在します。
それを全てみた時、もしくは見たいと思った段階で、貴方は既に印鑑の世界に完全に魅入られているといえるでしょう。

ページの先頭へ