はんこの世界も奥深い

キレイなはんこイメージ

先日オシャレな個人経営の雑貨店を見つけたので入ってみた。
なかなか自分好みの雑貨がたくさんあったので数個手に取りレジへ持って行き「とても可愛い雑貨ですっかり気に入った」という旨の話をした所、レジにいたのが雑貨店の経営者さん本人だったようでお礼と共にそのまま軽く雑談をしてから会計になった。

【印鑑とはんこのサイト】
印鑑・はんこをお探しならメーカー直販の通販「@印鑑」安心の10年保証付き。熟練のスタッフが丁寧に行う最高級の手仕上げ印鑑を販売しています。

数個の雑貨はかわいらしい袋に入れられて私の手元に帰ってきた。
袋の裏表両方にまるでスタンプのように付いている柄はお店の雰囲気にもとてもよくあっている袋で、「やはり繁盛する雑貨店はこういう細かいところも作りこんでいるんだなぁ」と思っていると、そう思っているのが顔に出ていたようで店主が笑いながら「これ、印刷じゃないんですよ?」と言い、店の奥にちょいっとひっこんだ店主が持ってきたのが、キレイなはんこだった。

はんこは私も持っている。でも殆どのはんこが「検査済」とか「○月○日」とかの事務に使うはんこだけのもので、あるとしても年賀はがきに押す猿とか龍のはんこぐらいのものだった。
店主が持ってきたはんこはそういった感じのはんことは全然違ってレースが続くようになる店と同様オシャレなはんこだった。

興味を持った私はその後色々調べて、はんこでも店主が持っていたレースはもちろん、干支じゃないスタンプやハート型のスタンプ。
更にはスタンプとスタンプをあわせて一つのイラストが出来上がるという手の込んだスタンプまで販売されているのだそうだ。
その日は結局はんこの種類を見ているうちに一日が終わっていたのだった。
いやはや、はんこの世界も奥深い。

ページの先頭へ